idea sharing about FileMaker.

某動画共有サイトの広告収入統計

某動画共有サイトの広告収入統計某大手の動画共有サイトの広告収入の統計処理の依頼を受け、FileMakerで作ってみましたが、完成するまでかなり苦労しました。

  • 膨大な処理件数
    依頼を受けた方から社内でExcelを駆使したり、マクロを組める方に外部委託して実現を試みたが、満足いく機能に仕上がらなかったとのこと、理由の一つが膨大な処理件数にありました。
    視聴数や広告収入などのレポートが月次でCSVデータとして取得できるのですが、1年間のレコード件数が20万件を超えるデータとなってしまい、これではExcelなどの表計算では一筋縄ではいかない処理になります。
  • CSVデータの不統一
    Webシステムによくありがちなことですが、月次レポートとして書き出されるCSVデータのフォーマットが統一されて書き出されないことが判明しました。
    そのことに気づくまで、リレーションキーの生成処理などに問題があると思い込み、データベースの設計を延々見直していました。
    データの不統一は深刻な問題で、先月から過去1年間の統計処理が完成した後、さらにもう一年遡ろうとしたところ、リレーションキー生成に必要な項目が出力されないことが発覚し、データベースの再調整を行なう必要がでました。
  • UGC の統計方法
    依頼された方はこの処理に最も困っておられました。
    UGC (user-generated content)は一般のユーザーが著作権者の動画の一部を、編集や加工した動画ことです。
    問題は、ひとつのUGCの動画が、著作権者のどの作品に当たるかをリレーションする必要があるのですが、そのキーの生成方法が様々な条件があるためにまとめるのに非常に苦労しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です