idea sharing about FileMaker.

FileMaker12の新機能【グリッド】

FileMaker12の新機能【グリッド】FileMaker12で特に強化されたのが、レイアウトの機能です。

従来のバージョンでは、レイアウト上のオブジェクトを配置する際にレイアウトグリッド機能が使用できました。

FileMaker12ではこの機能がグリッド機能として強化されました。

画面をレイアウトモードにし、“インスペクタ”の“位置”を表示すると、一番下の項目に“グリッド”項目があります。

“グリッドを表示”チェックボックスを選択するとレイアウト画面にグリッドが表示されます。

 

 

グリッド間隔とステップの数値を変更することができ、“グリッドに沿わせる”を選択することで、オブジェクトの位置や大きさの変更を行なうときにグリッドステップ毎に吸着され、大きさや位置の統一を容易におこなうことができます。

“位置”項目の単位を変更することで、それぞれの長さの単位でグリッド間隔とステップを設定することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です