idea sharing about FileMaker.

グローバルフィールド

グローバルフィールドファイル内のレコード全てに共通した値を格納する場合に使用するフィールド

レイアウト上に非関連テーブルのフィールドを配置した際、通常のフィールドでは<非関連テーブル>と表示され、入力を受け付けないが、グローバルフィールドになっていると入力が可能になる。

グローバルフィールドは、スクリプトステップでLoop処理を行なう際、変数の格納場所として使用したり、テーブル間のデータの受け渡しをリレーションを使わずに行なう場合などに使用します。(バージョン7以降はスクリプトステップの”変数を指定”でも可能)

注意)グローバルフィールドはFileMakerを1台で使用するか共有させて使用するかで動作が違ってきます。

共有で使用している場合は共有元となるホスト上でしかグローバルフィールドの値は保存されません

全てのユーザーに対して固定値を与えたい場合は予めホスト上で値を設定し、ファイルを閉じておく必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です